日曜大工を進めるポイントはやる気、時間、場所ですね

日曜大工って本当に楽しい。電動工具があるなしにかかわらず、その環境に合わせた作品が出来上がり、それが自分の周りにどんどんと増えていく。それを見るたびに作るときの思いとか、苦労したことなどなどが思い出される。
自分の周りには日曜大工とか、木工とかするかたが少なくてちょっとさみしい思いをしてはいるが、ネットに入れば共通の趣味をしている人が沢山いる。きっとこの人たちも何もないところから始めたんだろうなと妙な親近感を持ってしまう。
DIYの原動力はなんだろうか。私が思うに「探してない物は自分で作る」ということではないかと思います。
そしてそれを支えるのが
1)やる気
2)時間
3)場所の三点であると思います

やる気

まず基本はここでしょう。「作りたい」と思うこと。こんなに格好良くは出来ないかも知れないけど、「用が足りる物は自分で作れそうな気がする」と思うこと。
気持ちさえ決まればあとは大丈夫。
それを実現するための情報収集に時間を使っていきましょ。
今ネットで検索したら、日曜大工や手作り家具の作り方などなど沢山の情報を簡単に得ることが出来ます。

自分で完成させたいイメージをどんどんと膨らませていきましょう。それが当初の予定と変わってしまったって、ノープロブレムです。それは1つの成長ですし、気づきです。

ホームセンターに足を運んだり、一冊手作り家具の本を見てみるのもやる気をアップするには大切なことです。

時間

今の時代、本当に忙しい。趣味の日曜大工やDIYに時間を割いてる暇なんて無いよ!というのが正直な意見でしょうか。確かにそうですね。やることが多すぎて、本当に時間が無い人もいますよね。そうなると、手作りで家具を作っているくらいなら買った方が安いとも感じてしまうでしょう。

時間があるないは「好きなものの優先度」で決められてるだけなので、好きになれば、自ずと優先度が上がっていきます。好きになる理由は「楽しいと思えること」が大切ですから、楽しくなるDIYはおすすめです。DIYは自分に向けた特別オーダー品です。自己満足、大歓迎ですから。どんどん楽しんでいきたいですね。

場所

意外とこれがポイントになる気がします。住んでいる環境にも大きく左右されるところではありますが、手作りで作りたい家具の大きさや種類によっても差が出てくるでしょう。
もしかして長くは続かないかもしれないですから、手始めに玄関先とか外とか、机の周りとか身近な環境から始めていくのが良いですね。もしそれでハマッテしまったら、あとは続けて下さい。やはり何でもそうですが「継続は力なり」です。
私も机の周りで作るDIY小物からスタートして、天気の良い日は外で作業。そして1坪タイプの物置を利用するようになり、

スチール車庫の利用した時代もありました。中はコンパネで床を張って作業しておりました。

自分の工房へとバージョンアップをしてきました。

それも、30年という年月がかかっていますが、まだ飽きずに日曜大工で手作り家具を作り、はたまたいろいろなDIYにむけて遊びを広げています。

一歩一歩進めながら、楽しんでいきましょう。

Follow me!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする