トリマーのストレート治具(ジグ)の作り方

ストレート治具がないと始まらないトリマー

トリマーはとてもベンリな電動工具で、DIYで家具を作る、棚を作るなど威力を発揮します。私も最初は怖くてあまり使いたくなかった電動工具の1つでした。しかし、その魅力を知ると標準で使うことになる不思議な電動工具でもあります。単体での使い方もいろいろとあるのですが、治具を使用することでとてもベンリな電動工具になっていきます。
持っていても損はないでしょう。

治具もいろいろとある中で「ストレート治具」は治具の基本となり、まず最初に作る必要があると思います。また簡単にできてしまうので、早速作ってみましょう。

材料はこれだけです

1)直角が出ている角材。アルミ角材でもOK。長さは使いたい材の長さに準じて用意
2)1)の角材よりちょっと短めの6.5ミリ厚のベニヤ板。幅は20センチくらいで。
3)両面テープ
4)木ネジ数個

ストレート治具の作り方

トリマー本体はもとより、治具は使用するビット専用となるのでよく使うビットを決めておく。私は6.5軸のスパイラルストレートビットが切れ味が良いので使っています。
角材のウラに両面テープを貼って、ビットからベースの距離より少しだけ内側に寄せた形で角材を取り付ける
ベニヤ板をウラから木ネジで固定する(表面に出ないように深めにネジを入れ込む)
作業台に治具を固定して、トリマーで余っている部分を切り取ってしまう
これで終了です.

できあがったら、わかりやすいように切削方向と本体名、ビット名を書いておくと良いですね。

使い方は至って簡単

切り込んでいきたいところに治具の端を合わせて、切り込めばそのラインに沿って切削が出来ます。その際の材と治具の固定が必要となります。

Follow me!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする