木工は寸法通りに材料を揃えれたらできたも同然ってホント?木工の進め方

こんにちは DIYで手作り家具を楽しむTanisanです!

木工って自分の描いたいたことがどんどんと形になっていくから、楽しくて仕方ない。

でも、失敗してしまうときもある。

私の経験ですけど、失敗する時って、ほとんどが準備段階をあいまいにした時に現れますね。あちゃーと言いたくなります。

まずは有効スペースを知りましょう

できあがった物がそのスペースに収まらないときほど、ショックなことはありません。

そこの隙間にチョッキリ納めたくて作っていることが多い手作り家具。

広いスペースがあってどこにでも「とん!」と置けるなら買ってきた家具だって全然問題ないですが、「そうじゃないから」と一念発起して作り出すこと多いのではないかと思います。

図面を引くことはとても大事ですが、まずはこんな感じで、縦と幅と奥行きだけを抑えておきます。これだけで良いです。

次に図面を書いていきます。使用するソフトは花子

私は花子2017(ジャストシステム)を使っています。このソフトはとてもよく出来たソフトで、私としては大変お気に入りのソフトです。

本職さんはちょっと内容が足りないかも知れないですが、個人ユースではとても重宝されますよ♪

木工の図面を書きたくて買ったわけではないのですが、POPを作ったり、何かしらカードを作ったり、予定表を書いたりはたまた、年賀状の図案を作ったりと年中使っているソフトです。

justsystems 花子 2018 通常版 [Windows用] 1322526W

価格:9,418円
(2018/10/17 09:52時点)
感想(0件)

価格もさほど高くもなく一本あると重宝します。その使い方はまた後日載せていきますがおすすめです。

図面を引くと何が良いのか

簡単な物であるならば、わざわざ、きちんとした図面を書かなくても良いのですが、ちょっと入り組んでいたら、やっぱり書いた方が後々作業の効率を上げてくれます。

主な利点を挙げると
1)これ一番。製作意欲がアップする
2)正確な材料を割り出せる
3)材料の過不足がはっきりとわかる
4)接合をどうするかなどの製作方法を具体化できる
5)同じ作品、類似作品を作る際に有効利用できる
6)想い出になる

まあこんなところでしょうか

木工のポイントは材料揃えにある

木工の一番楽しい工程はなんたって「組み立て」です。

その反対で、一番嫌なのが材料揃えであるかと思います。特に板はぎ(広い板を作るとき)は気持ちがマイナスになる。

一枚一枚何度も何度もやらなくてはいけないときなどは、心が折れそうになります。

でも最初の作業をきちんとしないと、必ずと言って良いほど私は失敗します。

そして後には引き返せないですよね。小さく出来てしまったときはまだしも、大きすぎた場合は小さくすることが出来ないのが一般的です。

正確な図面を元に材料を揃えていく事が、一番の近道であると思います。

活躍してくれる電動工具

手作業と手道具で材料を揃えて行くのには、私を含めた初心者においてはハードルが高すぎます。

小さな成功は大きな成功につながりますが、失敗は製作意欲さえも奪ってしまいます。「もう、や~~めた!」と。

熟練が要求される作業は道具を使っていった方が良いなと思います。

木工は1ミリ狂っていたら、もうきれいな箱にはなりません。私は最初この辺をあいまいにしていました。

結果的には出来上がらないか、イビツな物が出来てしまい。がっくり。

きれいな直角と寸法通りに切り出された材料が重要なアイテムになります。

電動工具としてはスライドマルノコがファーストチョイス。

手持ちのマルノコも持っていますがほとんど使っていません。どうしてもマルノコでないと作業できない場合以外は極力、使用を避けています。

危ないし、正確な作業が厳しい、連続した作業はことさら面倒。それが最大の理由です。

多少値が張ってもスライドマルノコが良いですね。指でも落としたら、元も子もありません。

マルノコは使うなとは言いませんが、危険に対して十分な配慮が必要ですね。

手持ちならガイド付きののこぎりがおすすめ

スライドマルノコを絶賛してしまいますが、環境や「のめり込み度」によって最初からそれを揃えるのは、確かに無理があります。

そんな場合、私も使っていますがこの手鋸がとても重宝します。

電動工具を駆使して作業されている方においても、1つあると細かい作業などの際にもきれいな切断をしてくれますよ。

ウレしいことに木工の図面を書くソフトも付いてくるので、おすすめです。

まとめ

木工は「正確な切断」と「きれいな直角」が命。その過程を保証してくれる工具を揃えることが一番の近道だと思います。

ココがクリアーできたらほぼ7割の作業は終わったような印象を受けます。
ご参考にしていただけるとウレしいです。

Follow me!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする